福岡大学医学部病理学助教

青木 光希子

Mikiko Aoki

宮崎県立宮崎南高校卒業、宮崎医科大学卒業、福岡大学第一内科入局臨床研修医、福岡徳洲会臨床研修医、血液腫瘍内科医員、福岡大学医学部病理学講座大学院卒業、病理学講座助手を経て現職。

Interview

専門とする部門についてお聞かせください。

診断病理、実験病理、乳腺病理

Diagnostic pathology, Experimental Pathology, Breast Pathology

日頃の業務・活動や研究についてお聞かせください。

癌の浸潤・転移、Emmprinに関連した分子、癌細胞と線維芽細胞の相互作用について。

Cancer invasion, metastasis, Emmprin related molecules, Interaction of cancer cell and fibroblast

なぜ、病理学を選択したのですか?

医者になった当初は内科医として臨床研修をスタートしました。血液腫瘍内科の医員として働いていた時、尊敬する先輩先生方は、病理にも詳しい先生が多く、また、亡くなられて解剖になる患者さんも経験し、病理に興味を持ちました。病理の大学院に進学したことをきっかけに、病理が面白くなり、そのまま病理医の道に入りました。

Interesting job

趣味や休日の過ごし方についてお聞かせください。

読書

Reading book