福岡大学医学部病理学教授

坂田 則行

Noriyuki Sakata

出身地:東京都板橋区

昭52年4月:群馬大学医学部付属病院医員(中央検査部 病理)

昭55年4月:群馬大学医学部助手(第二病理学)

昭57年4月:群馬大学医学部講師(第二病理学)

昭62年1月:福岡大学医学部助教授(病理学第二)

平8年10月:福岡大学医学部教授(病理学)

Interview

専門とする部門についてお聞かせください。

病理学ことに、ヒトの老化に関連する病態と老化に基づく病変の発生機序を器官、組織、細胞および分子レベルの老化として解明しています。具体的には動脈硬化、糖尿病合併症や脂質代謝異常、石灰沈着、アミロイドーシス等の病態を対象に老化関連物質や酸化ストレスとの関連を中心に研究しています。最近では、蛋白質と糖との非酵素的反応の最終産物である後期反応生成物の病態での役割、動脈硬化や動脈解離などの発生に関係する力学的ストレスについても研究を進めているところです。

My specialty is pathology. I am intersrted in the pathophysiology of aging-related diseases and elucidetae the mechanisms of the lesions based on the aging in an organ, tissue, cell and molecular levels. The target of my study includes atherosclerosis, diabetic complications, dyslipidemia, calcification, amyloidosis and the role of aging-related materials and oxidative stress for these disorders. Recently, I push forward a study about the mechanical stress associated with the formation of arterial dissection and a role of nonenzynatic glycation end products for the development of atherosclerosis and chronic kidney diseases.

日頃の業務・活動や研究についてお聞かせください。

研究、診療、教育を行っています。研究は、専門とする老化関連疾患に関する病態の解明を目的に病理学教室内だけでなく、福岡大学の臨牀講座や他大学の研究室と共同で研究を進めています。診療は、日々送られてくる患者さんの標本を鏡検して、病理診断をくだしています。また、病理解剖にも立ち会っています。教育はおもにM3の学生の病理学とM5のBSLを教室の一員として担当しています。総論は循環傷害、老化、各論は循環器病、代謝性疾患を担当しています。

I work in the fiels of the investigation, education and clinical practice in Fukuoka University. I push forward a study on the pathophysiology of the aging-related diseases in cooperation with the clinical depatmens of Fukuoka University and laboratories of other universities. In the field of the clinical practice, I give pathological diagnosis based on the microscopy of a specimen of the patients, which have been sent every day. I am also present at pathologic anatomy. In the field of the education, I am in charge of pathology course of the student of M 3 and BSL of M 5 as a member of the faculty. I am in charge of the lecture of the circulatory disturbances, aging and metabolic disorders.

なぜ、病理学を選択したのですか?

病理学はヒトの疾患の概念、およびその原因と成り立ちを理解する学問です。もともと物事にこだわる性質だったこともあり、卒後臨牀をする前にもう一度病理を勉強しようとしたのが病理学を選択したきっかけであった様な気がしています。患者さんを直接みることはありませんが、患者さんが抱えている疾患の本質をよく理解することは臨牀医学だけでなく、医療、医学に関わるすべての人に求められた義務でもあります。その意味で、意義ある仕事を選択したと考えています。

Pathology is the science to understand a pathologic basis and cause of the human disease. I made up my mind to study pathology once again before doing clinical practice because I was nature to be particular about things. It seems to be the reason why I chose pathology. In the pathological field, we cannot look after the patients directly. However, for all people concerned with medicine and medical care, it is important and duty to understand the essence of the disease that the patients suffer from. I think that I chose an important work in this sense.

趣味や休日の過ごし方についてお聞かせください。

体を動かすことがわりと好きです。学生の頃は大学が山の近くにあったのでよくハイキングや山登りに出かけました。福岡に来てからは山が遠くなったので行く機会がなくなりました。その代り、ストレス解消と健康維持を兼ねて水泳をしてきました。おかげで、メタボリック症候群には当てはまらずに済んでおります。楽器演奏も趣味の一つにしています。ギター演奏をして楽しんでいましたが、最近はご無沙汰で、ギターがほこりにかぶっています。また、時間的な余裕が取れるようになったときには始めたいと考えています。

I like moving a body relatively. Because my home university was near the mountain, I ofen went for hiking and mountain climbing in the days of the student. After having come to Fukuoka, there few opportunity to go hiking. On the other hand, I swam for the purpose of stress-relieving and health maintenance. Thanks to swimming, I do not fulfill metabolic syndrome. The musical instrument performance is avocational one of me, too. I do a guitar performance and enjoyed it and, however, put it on so that it is long silence recently, and a guitar boasts. I want to begin a guitar performance when time room came to be produced.